デュコット

パワー: 
7.9 MW
現状: 
完成
範囲: 
ターンキープロジェクト
技術: 
固定式と追跡式

本プロジェクトは7.9MW 、1期工事の太陽光発電プラントで 、独特の技術を採用しています。

500 KWは単結晶パネルを用いた固定式構造  、2 MWは多結晶パネルを用いた固定式構造、5 MWは薄膜パネルを用いた固定式構造、そして残りの500 KWは多結晶パネルを用いた2軸追跡式の構造です。

  1. 経済的実行可能性: プロジェクトに投資するパートナーを探す必要がありました。
  2. 異なった技術を用いてプラントを建設する難しさがありました。
  3. 投資者を募る必要がありました。
  4. 記録的な短期建設: デュコットはシチリアで最大規模の太陽光発電プラントの一つでありながら、6ヶ月足らずで完成しました。(6月~11月)

デュコットプラントは、1期工事で建設されました。

  1. 年間CO2排出量の8,900トン削減
  2. 年間累計11,863 MWhの電気の創出
  3. プラント建設による地域の雇用創出

Multimedia